蒸気には大きく分けて2つの種類があった

蒸気は、日常的に家庭でも使われている大変身近なものですが、実は産業の分野でも幅広い用途で使われています。例えば食品業界、化学・石油業界、紙・パルプ業界、鉄鋼業界、コンクリート製造業界などにおいて、非常に重要な役割を担っています。

蒸気には、その状態によって「湿り蒸気」と「乾き蒸気」があります。まずは、この2つの違いについて説明します。

乾き蒸気のイメージ画像
乾き蒸気
湿り蒸気のイメージ画像
湿り蒸気

湿り蒸気って何?

湿り蒸気は「飽和蒸気」とも呼ばれ、一定の圧力のもとで水を加熱し、水と蒸気が平衡状態になったものを指します。言い換えれば「水を沸騰させて得られる水蒸気のこと」です。湿り蒸気には少量の細かい水滴が含まれているため、「湿り蒸気」と呼ばれています。加熱・加湿用などによく使われている一般的なものです。

湿り蒸気の用途

湿り蒸気の用途は多岐に渡り、様々な業種において活用されています。例えば食品・飲料業界ひとつ取ってみても、以下のように幅広い用途があります。

利用シーン 目的
加熱 茹でる、煮る、揚げるなど調理のために、使用する水や油に熱を加えて所定の温度まで上昇させる
蒸し・加湿 湯気を当てて蒸かす。乾燥を防ぎ、湿度を高める
濃縮 煮詰めて濃度を高める
蒸留 混合物から特定の成分を加熱・分離して取り出す
滅菌/殺菌 細菌や微生物などを加熱により死滅・除去・不活性化させる
色付け 着色料等の色素を濃くはっきりと引き出す

上記の通り湿り蒸気は、加熱、蒸し・加湿、濃縮、蒸留、滅菌/殺菌、色付けといった数多くの生産工程において欠かせないものになっています。

乾き蒸気の用途

この湿り蒸気をボイラーで再加熱して、水分を蒸発させたものが「乾き蒸気」です。乾き蒸気は「過熱蒸気」とも呼ばれ、湿り蒸気をさらに加熱し、沸点よりも温度の高い状態にして、タービンなどの動力源として活用します。このように用途によっては、湿り蒸気よりも乾き蒸気の方が適しているケースも存在します。

なぜ「湿り蒸気」である必要があるのか

ではなぜ食品・飲料業界やコンクリート製造業界で求められる蒸気は「乾き蒸気」ではなく、「湿り蒸気」なのでしょうか?
まず食品・飲料業界について言えることは、水分を多く含んだ湿り蒸気の熱によって加熱することで、製品にムラなく均一に、かつ早く熱を加えることができるため、品質が安定し、歩留まりも向上するためです。

またコンクリート製造業界においては、高温かつ低圧の湿り蒸気を用いて養生を行うことで、コンクリート製品の強度を高めると同時に、養生時間の短縮を図ることができるため、結果として光熱費を削減し、より製品の品質を向上させることが可能となります。

一般的なボイラー蒸気は「乾き蒸気」

このようにあらゆる産業において重宝される湿り蒸気ですが、実は一般的なボイラー蒸気は乾き蒸気であり、そのままの状態では食品加工業にとって良質な蒸気とは言えません。
乾き蒸気は湿り蒸気と比較して熱伝導率が低く、加熱に時間がかかる、蒸しムラが生じる、歩留まりが低下する、などのデメリットが多くありますが、現在も多くの食品加工工場において、ボイラー蒸気がそのまま業務用スチーマー(蒸し庫)等で使用されています。

そこで登場するのが、丸高工業製スチームチェンヂャーです。

乾き蒸気を湿り蒸気に変換する秘密兵器!スチームチェンヂャー

スチームチェンヂャーとは、一言で表すと「熱カロリーが変化しない湿式蒸気減圧装置」です。

スチームチェンヂャー使用例

ボイラーから発生する「高温高圧乾燥蒸気」を「超低圧多湿、かつ一定温度の清浄された蒸気」に変換します。熱伝導率が極めて良好で、スチームチェンヂャー蒸気を食品の蒸しものに使用すれば、蒸しムラのない安定した製品を短時間で製造することができます。

スチームチェンヂャーについて

スチームチェンヂャーはこんな業種の方におすすめ

スチームチェンヂャーの超低圧多湿蒸気は、多様な業種のお客様に選ばれ、導入されています。

  1. ① 水産加工業者さま
    カニなどの甲殻類、魚介類の旨味を逃さず、加工時間も大幅に短縮できます。
    牡蠣などの二枚貝にも効果を発揮し、導入実績もあります。
  2. ② 練り製品加工業者さま
    かまぼこ・ちくわなどの練り物の旨味が引き立ち、色もちもアップします。
  3. ③ 製麺業者さま
    包装後の殺菌工程で使用することで、高い殺菌効果を発揮します。また、店頭に並んだ際も菌の発生を抑制する効果が得られ、賞味期限が延長できた事例もございます。
    さらに熱の伝導率が向上し、燃料コスト削減につながります。
  4. ④ 冷凍食品加工業者さま
    製品の水分量を多く残したまま蒸しあがるため、家庭での解凍時にふっくら・もちもちとした食感に仕上がります。
  5. ⑤ 麩製造業者さま
    湯で戻したときの食感をアップさせ、燃料コストも抑えられます。
  6. ⑥ 米菓製造業者さま
    古くより最高の蒸しとされている均一な「セイロ蒸し」が実現できます。
    米菓製造工程におけるスチームチェンヂャーレイアウト例
  7. ⑦ 香料製造業者さま
    蒸留工程で使うことで、香り立ちがアップし、香りの持ちもアップします。香料の抽出量が従来の4倍までアップした事例もございます。
    蒸留工程で使用する場合のスチームチェンヂャーレイアウト例
  8. ⑧ コンクリート製造2次製品製造業さま
    製品の強度を向上させると共に、燃料コストも最大60%削減可能です。

その他「蒸し工程」を含む様々な製造業者様からお問い合わせをいただいております。

スチームチェンヂャーの設置方法

スチームチェンヂャーの設置はとても簡単です。
今お使いのボイラーと蒸し庫(スチーマー)の「間に挟む」だけ。
簡単な設置方法ながら、挟むことで劇的に蒸気の質が変わります。

導入から設置、メンテナンスまで、丸高工業が一貫してサポートいたします。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

スチームチェンヂャー
資料請求・お問い合わせはこちら

製品の使用例

操作パネルで簡単入力、温度管理も自動制御